冬になると手や足にひび割れ、アカギレが出来てしまう

冬になると手や足にひび割れ、アカギレが出来てしまう

冬になって来ると手や足にひび割れができてしまいます。ただ割れてくるのならそれほど気にならないのですが、割れた所から血が出てきます。たいした仕事をしていないのに、手のひび割れから血が出ているのは、何かみっともなく見えるような気がします。足の場合は見えないので、それほど気にはならないのですが、ひび割れた所が痛くなっていて、家の中で歩くのが嫌になります。

 

冬になると手や足のひび割れやアカギレが出来た所に、風呂上がりに保湿クリームを塗っています。ただひび割れができるとクリームを塗ってもすぐには、ひび割れが塞がりません。治るまで丹念に塗っておくしかないようです。また手のひび割れは、水仕事をすると水がしみてきて痛くてたまりません。足の場合はひび割れが大きくなることがあるので、お湯に浸かっていても、痛くてたまりません。

 

手や足のひび割れやアカギレは、できてしまったら、治るまで保湿クリームを塗っていくしかないようです。治るまで痛いのですが、気長にクリームを塗っていくしかないようです。これから春先まで湿度が低くなってきますので、皮膚の水分は少なくなってきます。そのためにひび割れやアカギレが、できやすくなってきているとのことです。スキンケアのために、保湿クリームを塗って皮膚の水分を保つようにしなければならないようです。ただ塗っていても、ひび割れはできてしまうのが悩みです。しかもかなり長くなりますし、痛いのが嫌になります。
目の下ふっくらさせるコツはこちら

湿疹