頻尿の原因は高齢男性に多い前立腺肥大症でした

頻尿の原因は高齢男性に多い前立腺肥大症でした

50代後半から頻尿が気になり始めました。年をとると誰もがなるものと半ばあきらめて毎日を過ごしていました。ところが60歳の直前からひどくなり始めました。夜中のトイレは最低2回は行きました。夜中だけでなく昼間も頻繁にトイレに行くようになりました。私はコーヒーをよく飲みます。一日に3〜4杯は飲みます。一般的にコーヒーは利尿作用があると言われています。恐らく私の頻尿の原因の一つだと思っていました。
 ところが60歳を過ぎてから頻尿だけでは収まらなくなりました。排尿に時間がかかるようになってきたのです。トイレに行ってもなかなか出ません。出始めるまで時間がかかり、出だしても一気に出きってしまうことはありませんでした。何度も何度も下半身に力を入れ、尿を「分割払い」で出していたのです。トイレには時間がかかりました。
 さて頻尿に付きまとう現象が「残尿感」です。いったんトイレに行ってもまだ残っているような感じがします。そして次に尿意を催すまでの時間が短くなりました。トイレに行ってテレビを見ていても、またすぐにトイレに行くという状態でした。
 頻尿、残尿感、尿がスムーズに出ないという排尿障害を抱えて毎日を暮らしていました。そんなある日に致命的なトラブルが起こったのです。ついに自力で尿が出なくなったのです。もうこうなれば病院で診てもらうしかありません。カテーテルを挿入し尿を出しました。そして診断の結果、前立腺肥大症と言われました。そして薬でも治療ができず、手術となりました。肥大した前立腺を削ったので、今は排尿のトラブルは解消しました。頻尿も放っておくと最悪の事態になるという例です。

湿疹